Pigeons in the red flower bush//赤い花の木と鳩

pigeons-dp-s
赤いお花が咲いた木に
鳩がたくさんとまってた

真っ赤な花が夕暮れに
風に吹かれて揺れていた

There was a tree of red tiny flowers in full bloom
On the tree was some pigeons with beautiful plume

The red tiny flowers blooming in the twilit
Waving calmly in the breeze in my sight

対になっているかんじが好きです。
ちなみに讃岐弁で「つい」といえば「似ている」という意味です。
「すごく似ている」は「まっつい」、「瓜二つだ!」は「まっつくつい」となります。
日本語でもこんなに違う。言葉って面白い!

 

Daily tools/生活道具

brooms-s

あんまり可愛かったから、描かずにいられなかった箒たち。
日常の暮らしが大好きで、日常の道具も大好きです。
いろんな国の人たちの暮らしが見たい。台所用品とか、暮らしの道具、食べもの、いつか実際に行って、見て、感じて、描きたい。

I couldn’t help drawing those brooms when I found these because they were so pretty!
Daily life, that is the most precious thing for me. I also admire tools in our daily lives.
I am interested in the way people live in foreign countries. I want to travel around the world and meet the local people and feel the culture, then I want to draw their lives, daily tools, food, and more.. one day! 🙂

Maldon Sea Salt/モルデンの塩

malden-s

モルデンのお塩は初めてその美味しさに感動したお塩です。
このお塩、普通の粗塩とはちょっと違って、塩の結晶がそのまま入っています。雪の結晶みたいですごく綺麗。
ちょっと心苦しいけれど、その結晶をジョリジョリ潰してサラダにかけたりします。
このお塩、不思議なくらいまろやかで優しい味です。ちょっと入れすぎたかなと思っても、決して舌を突くような嫌な辛さになることがない(でも入れすぎには気をつけてください!)。以前に料理上手な知り合いの方に差し上げた時、「このお塩でお酒が飲めるね」と言われたほど。燻製にしたお塩もあるそうです。どんなのだろう。これまたスモーク風味がついて美味しそう。今度買ってみよう。
モルデンは家族経営で1882年の創業当初から変わらない、シンプルだけどだからこそ技術が必要な製法でお塩を作り続けているそうです。いいな、と思うものを作られている会社や人は、家族や人とのつながりを大切にしていて、大事な部分がブレないところが多い気がする。食べ物に限らず、絵や工芸品など、いいものを作る人たちに共通しているところですね。

Sea salt from Maldon is the first salt for me that I was impressed by the taste. What this salt differ from other ones is the shape of the salt is crystallized flakes. It’s so beautiful like snow flakes but sadly I have to crush it when I use it for meals like salad though. Maldon’s salt is magically mild and gentle flavour and it’s never be stingy salty like the other salt does (but be careful not to use it too much!). When I gave this to my cooking-expert-friend as a souvenir she even said “This salt can be nibbles goes well with sake”. I’m also interested in their smoked salt. I must try it!
Maldon is a family company producing these salt keeping simple but artisan way since it’s established in 1882. I just noticed that the companies and people which have been creating “genuine” things like this value a relationship with their family and people around them, holding unwavering conviction. I thought it can be said on the people who are creating pictures, crafts, great artworks as well.

Carlsberg Citrus/カールスバーグ シトラス

carlsberg-np-s

 

carlsberg-s
カールスバーグはデンマークのビールの会社。イギリスでも、パブではもちろん、スーパーにも売られています。これはライムのフレーバーがついたもの。アルコールも2.8%と低くてジュースみたいに美味しいのでついつい飲み過ぎてしまうのでした。絵は2種類作成してみました。どちらがいいかなあ。どちらもいいなあ。笑

Carlsberg is a well known Danish beer company. You can drink it in the pubs in the UK of course and you’ll find it in supermarket as well. This bottle is citrus beer which has lower alcohol than regular one. It tastes so fruity like juice so very easy to drink. I always have to be careful not to drink too much! I printed both cheerful version and calm version. Which do you prefer?

Coleman’s Mustard/コールマンのマスタード

colemans-mustard-np-s

イギリスのマスタードは日本のカラシよりもマイルドで、その分塩味が付いています。
ホットドッグによくたっぷり乗っている、あのマスタードです。初めて食べた時、ほとんど辛くないのでちょっと拍子抜けしました。これに食べ慣れている人たちにとっては、きっと日本のカラシはものすごーく辛いでしょう。。
このマスタード、食べやすいので何にでもよく合って、フライドポテトやハンバーガー、フライドチキンなどにもよくつけて食べたりします。
製造しているのはロンドンより北東に電車で2時間ほどの街ノーウィッチにあるコールマン社。200年以上もほとんど変わらない製法でマスタードを作り続けていて、なんと美術館もあるようです。原材料もイギリス国内で生産していて、5代にわたって同じ農家の方々がされているそう。(HPより)みんな本当に家族みたいなんだろうな。
昔ながらのレトロなパッケージがすごく好きで食べながらもじっと見てしまうのでした。
わたしのイラストでは分かりにくいんですが、パッケージの真ん中に牛の絵が入っています。なんでだろう、乳製品でもないのに?今度、謎を解きに美術館に行って見たいと思います!:)

British mustard is much milder and tastes salty than Japanese one. I was a bit surprised how mild it is when I had this first. This is the one you can see on the hotdogs. I think Japanese mustard is shockingly spicy to the British people. This mild musterd goes well with any food so I often have it with chips, hamburgers, fried chickens. Coleman’s of Norwich, the company producing these mustard continues making their mustard using almost the same process for over 200 years since the beginning. They’re using locally sourced ingredients and what great is, they’re now into 5th generation of mustard growers! The farmers and the company, all of them must be like a big family. I really love the retro beautiful package so I can’t take my eyes off of the pot even whlist I’m eating. It’s difficult to see in my illustration above but there is a cow on the middle of the pot. I’m wondering why it has a cow on it because it’s not dairy product? I think I’m going to go to the museum to solve the mystery. 🙂

(Reference to the websites of Coleman’s of Norwich and Colman’s of Norwich Musterd Shop and Museum)

Let’s dance in the sun

dance-s

春らしい絵ができました。
ここ2、3日、急に春を通り越して夏のような天気です。
太陽さんさん、街にはTシャツやタンクトップの人もいます。
イギリスの春夏は寒くて暗くて雨の多い冬と違って、緑がいっせいに芽吹き、いろんなお花も咲いて、本当に華やか。
すべてのものが命を吹き込まれたように生き生きして見えます。
ああ、お日様大好き!お弁当持ってピクニックに行きたいな〜。

The weather became warm all of sudden in these few days like summer rather than spring.
The sun is shining, people are wearing T-shirts or even just no-sleeve shirts.
Spring and summer in the uk is just like a paradise after cold-grey-wet winter.
All greens are starting to bud and lots of colourful flowers are blooming. I can feel the vibrant energy of lives of the nature.
I want to go for a picnic in this lovely weather! 🙂

Tea time/お茶の時間

umafujin-teatime-s

イギリスは紅茶の国。いろんな種類の紅茶があります。ハーブティーもそれはたくさん。いつもキッチンにストックしていて、その時の気分に合わせて好きなフレーバーを選びます。なんだか少し優雅な気分になれるひとときです。

Britain is the country of “tea”. There are so many kinds of tea here in the uk. Not only black tea, but also herb tea. I always have some stock in my kitchen and choose the one I feel like to have. It’s just a little moment of a day but it makes me relax and gives me a hint of elegance.

Oatcakes/オートケーキ

oatcake-s2

版画にすると、なんともいえない深みが出るのが好きです。一度、手から離れるところが陶芸と似ている。窯出しの感動。

I love the depth of the printing artworks. It’s similar to pottery as you can’t see the finishing until you open the kiln. Unexpected beautiful effect inspires me every time.

Cider bottle/サイダーボトル

cidre-s

あんまり可愛いボトルなので刷ってみました。
外国のパッケージや印刷物ってなんでこんなに可愛いんだろ。
アルファベットで統一されているのは大きいですね。
同じ理由で中国のパッケージデザインや印刷物にも魅力を感じます。

I just created prints of the Stella Cidre bottle. I couldn’t help it because it’s too pretty!
I sometimes wonder why western package designs and printed matters are so nice. I think one of the reasons is that alphabet is the only letter used in the designs. Chinese design is also attractive for me with the same reason.