Garner’s Pickled Onions/ガーナーズ 玉ねぎのピクルス

garners-onion-s

スーパーマーケットに行くと、いろいろなピクルスを売っています。これはガーナーズの小玉ねぎのピクルス。ちなみに小玉ねぎはエシャロットといいます。大きいラッキョのような感じで、お肉など油こい料理とよく合います。

Garner’s Pickled Onions. You can find many kinds of pickles at supermarket. These pickles are very similar to Japanese pickled chalotes. It goes well with heavy dishes like meat.

Cafe Concerto/カフェ コンチェルト

concert-s
カフェ・コンチェルトはロンドンの大きな通りにあるヨーロッパ風のカフェです。
支店が幾つかあり、内装がいかにもヨーロッパ!という雰囲気ですごく素敵なので見かけるたびにいつも気になっていたのでした。
きらびやかな店内はぐっと抑えた照明にシャンデリア、テーブルの上には一輪挿しにバラ。何より、ショーウィンドウに並べてあるケーキがどれも宝石みたいに綺麗!(そして大きい!)。チョコレートやクリームがたっぷりの生地の上には色とりどりの果物やベリーがいっぱいで見とれてしまうほどなのです。一緒に行ったお友達はストロベリーガトー、ミルフィーユ、わたしは悩んだ末にストロベリーチーズケーキにしました。甘さ控えめのイチゴのムースがたっぷりですごく美味しかったです。
一緒に頼んだアールグレイティーは、紅茶のティーバッグと銀のポットが運ばれてきて自分でお湯を注ぎます。ティーバッグはパッケージが変わっていて背高のピラミッドみたいなのが専用の陶器の小皿に乗っていました。パッケージを開けると内側は金色で香りもすごーくいい香り。紅茶に詳しいお友達が教えてくれたんですが、この紅茶、Tea Fortés(ティーフォルテ)という有名なメーカーのものだそう。ティーバッグには小さな葉っぱもついていて可愛い。お土産や贈り物に選びたくなりますね。
イギリスは日本のように生クリームを使ったケーキがあまりないんですが(パウンドケーキやカップケーキのようなものが多い)コンチェルトは日本のケーキに近いものでした。イギリスにしては珍しくアイスティーもあるそうです(イギリスではアイスティーは一般的でない)。立地といい、観光客がターゲットのようですね(まんまと心を掴まれた 笑)。パスタなどもあるので、今度はお食事でも来てみたいです。

Café Concerto is European style cafe which are located on the main streets in central London. There are some branches and I could see the shops often so I wanted to try if I have the chance every time I walk passed by. The interior inside the cafe is very European style, Victorian decorative wall papers, muted lighting with gorgeous chandeliers, a rose in a bud vase on every single table. And what my caught  my heart the most is the jewel-like-beautiful cakes in the show case which sizes are also huge. It was hard to choose just one but finally my friends ordered strawberry gateaux, Mille Feuille and I had strawberry cheese cake which we enjoyed so much. The tea came with those cakes was from Tea Fortés. The tea bag was wrapped in a pretty pyramid shaped box and it was just like a treasure box with  the smell of the tea came out when it’s opened.
Fresh cakes are not so popular in the UK unlike in Japan (pound cakes or cup cakes are more popular here) but they’ve got lots of fresh cakes in this cafe, also they have iced tea which is uncommon here. So it seems they’re tourist-friendly cafe, and I might have tourist’s point of view still. It’s okay as I’m interested and I could enjoy it though! They’re serving meals too so I want to try it for lunch sometime. 🙂

Carlsberg Citrus/カールスバーグ シトラス

carlsberg-np-s

 

carlsberg-s
カールスバーグはデンマークのビールの会社。イギリスでも、パブではもちろん、スーパーにも売られています。これはライムのフレーバーがついたもの。アルコールも2.8%と低くてジュースみたいに美味しいのでついつい飲み過ぎてしまうのでした。絵は2種類作成してみました。どちらがいいかなあ。どちらもいいなあ。笑

Carlsberg is a well known Danish beer company. You can drink it in the pubs in the UK of course and you’ll find it in supermarket as well. This bottle is citrus beer which has lower alcohol than regular one. It tastes so fruity like juice so very easy to drink. I always have to be careful not to drink too much! I printed both cheerful version and calm version. Which do you prefer?

Coleman’s Mustard/コールマンのマスタード

colemans-mustard-np-s

イギリスのマスタードは日本のカラシよりもマイルドで、その分塩味が付いています。
ホットドッグによくたっぷり乗っている、あのマスタードです。初めて食べた時、ほとんど辛くないのでちょっと拍子抜けしました。これに食べ慣れている人たちにとっては、きっと日本のカラシはものすごーく辛いでしょう。。
このマスタード、食べやすいので何にでもよく合って、フライドポテトやハンバーガー、フライドチキンなどにもよくつけて食べたりします。
製造しているのはロンドンより北東に電車で2時間ほどの街ノーウィッチにあるコールマン社。200年以上もほとんど変わらない製法でマスタードを作り続けていて、なんと美術館もあるようです。原材料もイギリス国内で生産していて、5代にわたって同じ農家の方々がされているそう。(HPより)みんな本当に家族みたいなんだろうな。
昔ながらのレトロなパッケージがすごく好きで食べながらもじっと見てしまうのでした。
わたしのイラストでは分かりにくいんですが、パッケージの真ん中に牛の絵が入っています。なんでだろう、乳製品でもないのに?今度、謎を解きに美術館に行って見たいと思います!:)

British mustard is much milder and tastes salty than Japanese one. I was a bit surprised how mild it is when I had this first. This is the one you can see on the hotdogs. I think Japanese mustard is shockingly spicy to the British people. This mild musterd goes well with any food so I often have it with chips, hamburgers, fried chickens. Coleman’s of Norwich, the company producing these mustard continues making their mustard using almost the same process for over 200 years since the beginning. They’re using locally sourced ingredients and what great is, they’re now into 5th generation of mustard growers! The farmers and the company, all of them must be like a big family. I really love the retro beautiful package so I can’t take my eyes off of the pot even whlist I’m eating. It’s difficult to see in my illustration above but there is a cow on the middle of the pot. I’m wondering why it has a cow on it because it’s not dairy product? I think I’m going to go to the museum to solve the mystery. 🙂

(Reference to the websites of Coleman’s of Norwich and Colman’s of Norwich Musterd Shop and Museum)

Let’s dance in the sun

dance-s

春らしい絵ができました。
ここ2、3日、急に春を通り越して夏のような天気です。
太陽さんさん、街にはTシャツやタンクトップの人もいます。
イギリスの春夏は寒くて暗くて雨の多い冬と違って、緑がいっせいに芽吹き、いろんなお花も咲いて、本当に華やか。
すべてのものが命を吹き込まれたように生き生きして見えます。
ああ、お日様大好き!お弁当持ってピクニックに行きたいな〜。

The weather became warm all of sudden in these few days like summer rather than spring.
The sun is shining, people are wearing T-shirts or even just no-sleeve shirts.
Spring and summer in the uk is just like a paradise after cold-grey-wet winter.
All greens are starting to bud and lots of colourful flowers are blooming. I can feel the vibrant energy of lives of the nature.
I want to go for a picnic in this lovely weather! 🙂

Han Kang, Korean restaurant /韓国料理!

han-kang-s
お友達おすすめの韓国料理を食べに行きました。Han Kang という韓国料理屋さんです。
定番の、チャプチェ、キムチ、ビビンバ、チヂミ、ナムルを食べました。どれも辛すぎず、美味し〜い!
韓国料理と日本料理はちょっと違うけれど、同じアジアのごはんはなんだかほっとします。
ロンドンはいろんな国籍の人が住んでいるので、世界中の料理が楽しめます。
どこに行こうか決める時、韓国料理屋だけでも迷うほどたくさんありました。
いろんな文化が混ざり合っていて、ごちゃまぜな感じがすごく面白い。
他の国のレストランも是非いろいろトライしてみたいです。

I went to Korean restaurant, Han Kang with my friends for dinner. We had Japchae, Kimchi, Bibim-bab, Korean pan cake, Namul which are very popular Korean menu. All were not too spicy and really nice. Korean food and Japanese food are different but I felt relaxed like I’m at home when I had this maybe as it has the same root, Asia. London is such a diverse city so you can find lots of multinational restaurants. Actually it was difficult to decide where to go this time because there were so many even just Korean restaurant. It is really interesting to live in the melting pot of culture, London. I want to try other national’s food from now on.

Tea time/お茶の時間

umafujin-teatime-s

イギリスは紅茶の国。いろんな種類の紅茶があります。ハーブティーもそれはたくさん。いつもキッチンにストックしていて、その時の気分に合わせて好きなフレーバーを選びます。なんだか少し優雅な気分になれるひとときです。

Britain is the country of “tea”. There are so many kinds of tea here in the uk. Not only black tea, but also herb tea. I always have some stock in my kitchen and choose the one I feel like to have. It’s just a little moment of a day but it makes me relax and gives me a hint of elegance.

Oatcakes/オートケーキ

oatcake-s2

版画にすると、なんともいえない深みが出るのが好きです。一度、手から離れるところが陶芸と似ている。窯出しの感動。

I love the depth of the printing artworks. It’s similar to pottery as you can’t see the finishing until you open the kiln. Unexpected beautiful effect inspires me every time.

Stockan’s Oatcakes/ストッカンのオーツケーキ

oatcakes-s

スーパーマーケットが大好きです。有名な観光地なんかよりもずっと。
生活にとても近くて、その土地の人たちの暮らしをより近くに感じることができるから。
イギリスではいろんなクラッカーやビスケットを売っていますが、面白いものを見つけました。
オーツ麦でできたクラッカーとビスケットの間みたいなもの。英語では、「かたまり」の意味のCake/ケーキと名前がついています。とてもシンプルなパッケージで、ビニールでくるっと包んだだけ。それも興味をそそられる。食べてみると、全粒粉のかたまりでちょっと塩味。さくさくして美味しいんですが、すごく脂っこいというかずっしりきます。それもそのはず、原料を見てみると、全粒粉(76%)、植物油(パーム油、菜種油)、栄養強化小麦、、と続いています。イギリスでは、原料は多く含まれている順に表示してあるので、かなり油が使われているってことですね。カロリーは100gで501kcalとのこと。白米のご飯が100gで170kcalくらいだから、これはかなりハイカロリー!イギリスのお菓子や料理は油やバター、砂糖がたっぷり使われていて、時々びっくりします。日本食は本当にヘルシーですね。
このオーツケーキを作っているStockanという会社は100年以上もオーツケーキを専門に作り続けているそう。スコットランドのオークニー諸島の中のメインランド島にある会社です。どんなところで、どんな人たちが作っているんだろう。いつか行ってみたいなあ、、そんなことを考えながら食べるのも楽しいですね。

Cider bottle/サイダーボトル

cidre-s

あんまり可愛いボトルなので刷ってみました。
外国のパッケージや印刷物ってなんでこんなに可愛いんだろ。
アルファベットで統一されているのは大きいですね。
同じ理由で中国のパッケージデザインや印刷物にも魅力を感じます。

I just created prints of the Stella Cidre bottle. I couldn’t help it because it’s too pretty!
I sometimes wonder why western package designs and printed matters are so nice. I think one of the reasons is that alphabet is the only letter used in the designs. Chinese design is also attractive for me with the same reason.