Biscuits from Orkney / オークニーからのビスケット

oakney-s

先日描いたストッカン社のビスケット。製造しているストッカン社の方が、たまたまわたしの絵を見て気に入ってくださったらしく、なんとビスケットを保管する専用の缶(もちろんビスケット入り!)を送ってきてくださいました!
この缶、市販もされていて、缶の側面にはストッカン社のあるオークニー諸島のマスコット的な鳥、パフィンと、チーズやトマトの写真が載っています。それから古いペンのような書体で、ビスケットによく合うチーズやスモークサーモンなど食材の名前が模様のように美しく書いてありました。
ストッカン社があるのはスコットランドの北東に位置するオークニー諸島。そこで製造したビスケットがイギリス全土、世界へ送られています。いろんな国の文化、どんなところで、どんな人たちが、どんな暮らしをしているのか、すごく興味があって、最初にこのビスケットからオークニー諸島のことを知った時、どんなところなんだろう?と思って少し調べていたのです。イギリスにも離島があって、そこにも歴史があって、その土地に伝わる文化があって、人々が毎日生活を営んでいる。そこに住んでいる人が、たまたまわたしの絵を見て、遠く日本から来てロンドンに住んでいるわたしあてにビスケットを送ってくださって、、なんだかとても感慨深い気持ちになりました。偶然とはいえ、不思議なご縁を感じました。お互いに、一生、少しも触れ合うこともなかったかもしれない、絶対に知る由もなかったかもしれない、のに。最初にストッカン社から「缶を送りたいのですが」とメールをいただいて、数日後に届いた缶には一緒に「As promised.」約束の通りに(送るわね)、と小さなメモが添えてありました。なんだか、古い友達から手紙をもらったような気持ちになりました。もしかしたら、人生に起こるすべてのことは最初から約束どおりに決まっていて、わたしたちは、その約束をなぞっていっているだけなのかもしれないなあと、ふと思いました。
いつか実際に行って、自分の目で見てみたいです。

Stockan’s oat cakes, I wrote about the other day, the oat biscuit company Stockan’s saw my illustration by chance and kindly sent me a pretty tin to keep the biscuits (with biscuits inside of course)! This tin which can be found in supermarkets as well has some beautiful photos on it like puffin, a bird represents Orkney islands, some kinds of cheese and tomatos go well with the biscuits. Also some toppings written in beautiful classical hand writing style font like cheddar cheese, smoked salmon which are good when served on the biscuits are on it as decoration.
The Stockan’s is located on an island in Orkney, north west off shore from Scotland. Their traditional biscuits are sent to all over the UK and the world from there. I am so interested to know foreign culture and local people’s life so I did some research when I knew about Orkney through this biscuits first time. It was interesting to know islands like Orkney and their culture and their life there even if it’s limited information from internet. Those islands remind me of my home town as Japan consists of lots of small island and each island has own unique custom too. That made me want to visit there one day. I felt this is something like a fate when I thought I wouldn’t know about Orkney if I didn’t find these biscuits first, but now I knew about it and I even received a tin from people who live there.  All our lives might be already set as promise and we might be tracing it unconsciously.
Thank you very much, Moira! 🙂

Blueberry cheesecake/ブルーベリーチーズケーキ

blueberrycheesecake-s

イギリスのお菓子はお砂糖とバターがたっぷり。見た目はカラフルだったり、とっても可愛いのですが、甘すぎて実はちょっと苦手です。チョコレートは舌が痛いくらいに甘くて、さらに中に甘ーいキャラメルが入っていたり。ケーキはジャムがたっぷり塗られたパウンドケーキをさらに分厚いアイシングでコーティング、その上にお砂糖がジョリジョリ入ったバタークリームがどすんと乗っている、などなど。。日本の羊羹や大福など、和菓子がすごくヘルシーに感じてしまうのでした。その中でもチーズケーキは他のお菓子に比べると甘さ控えめで日本人の味覚に食べやすい味です。それでもどれもNYチーズケーキのように濃厚ではあるのですが、チーズケーキは大好きなので美味しく食べられて嬉しい♪
食べものは、食べるのも、描くのも大好きです。おいしいものは人を幸せにしますね。

Sweets in Britain are basically made using a huge amount of sugar and butter compare to Japanese sweets. They are really colourful and so cute but unfortunately it’s a bit too sweet & heavy to eat for me except for cheesecakes. Cheesecakes are less sweeter than others even though every cheesecake is still very rich like NY cheesecake it’s my favourite so I’m enjoying it.
I love to draw food, and of course I love to eat as well.
Delicious food always makes people so happy. 🙂

Pigeons in the red flower bush//赤い花の木と鳩

pigeons-dp-s
赤いお花が咲いた木に
鳩がたくさんとまってた

真っ赤な花が夕暮れに
風に吹かれて揺れていた

There was a tree of red tiny flowers in full bloom
On the tree was some pigeons with beautiful plume

The red tiny flowers blooming in the twilit
Waving calmly in the breeze in my sight

対になっているかんじが好きです。
ちなみに讃岐弁で「つい」といえば「似ている」という意味です。
「すごく似ている」は「まっつい」、「瓜二つだ!」は「まっつくつい」となります。
日本語でもこんなに違う。言葉って面白い!

 

Fighting with ants/蟻との戦い

gesso-s

住んでいるマンションが4階なのに、最近蟻が入って来ます。こっちの家は建てつけがザックリしているので(特にわたしの住んでいるエリアは古い家が多いこともあり)いたるところに隙間があってそこから出入りしている様子。4階まで来るくらいだから下の階も制覇してきたんだろうか。。キッチン周りに殺虫剤をまくのも嫌なので、左官工ばりにジェッソとパレットナイフで隙間を埋めています。壁の裏は繋がっているようで、ここを埋めたらまたこっちから来る、という風なので順番に隙間を埋めるべく隅々まで見ていると、どうやったらこんなに荒く仕上げられるのか不思議になってくるほど荒い。。わたしでももっと上手くできる自信ありますけど!しかしこの隙間埋め作業楽しい〜。無になれるし綺麗に仕上がった時の達成感。作業的に学生の時の陶芸を思い出します。蟻は嫌だけどちょっとした精神修行になってます。笑

I’m recently struggled by ants coming into my flat although I’m living on the third floor. Houses in the UK are strong made with bricks and stones but the way it’s built seems bit rough compare to Japanese houses (especially there are lots of old houses in my area). You can find small gaps between walls here and there which enable ants coming into the rooms. I’m wondering if they are coming up occupying each floor in order. I decided to fill the gaps as I did’t want to spray insects-killer in my kitchen. As soon as I started it I was bit surprised finding how roughly those furnitures are installed and I thought I could make it much better even I’m not professional.. Anyway I hate ants but I like to concentrate fixing walls using art materials reminds me of my school days of pottery is something like a training for meditation.

Maldon Sea Salt/モルデンの塩

malden-s

モルデンのお塩は初めてその美味しさに感動したお塩です。
このお塩、普通の粗塩とはちょっと違って、塩の結晶がそのまま入っています。雪の結晶みたいですごく綺麗。
ちょっと心苦しいけれど、その結晶をジョリジョリ潰してサラダにかけたりします。
このお塩、不思議なくらいまろやかで優しい味です。ちょっと入れすぎたかなと思っても、決して舌を突くような嫌な辛さになることがない(でも入れすぎには気をつけてください!)。以前に料理上手な知り合いの方に差し上げた時、「このお塩でお酒が飲めるね」と言われたほど。燻製にしたお塩もあるそうです。どんなのだろう。これまたスモーク風味がついて美味しそう。今度買ってみよう。
モルデンは家族経営で1882年の創業当初から変わらない、シンプルだけどだからこそ技術が必要な製法でお塩を作り続けているそうです。いいな、と思うものを作られている会社や人は、家族や人とのつながりを大切にしていて、大事な部分がブレないところが多い気がする。食べ物に限らず、絵や工芸品など、いいものを作る人たちに共通しているところですね。

Sea salt from Maldon is the first salt for me that I was impressed by the taste. What this salt differ from other ones is the shape of the salt is crystallized flakes. It’s so beautiful like snow flakes but sadly I have to crush it when I use it for meals like salad though. Maldon’s salt is magically mild and gentle flavour and it’s never be stingy salty like the other salt does (but be careful not to use it too much!). When I gave this to my cooking-expert-friend as a souvenir she even said “This salt can be nibbles goes well with sake”. I’m also interested in their smoked salt. I must try it!
Maldon is a family company producing these salt keeping simple but artisan way since it’s established in 1882. I just noticed that the companies and people which have been creating “genuine” things like this value a relationship with their family and people around them, holding unwavering conviction. I thought it can be said on the people who are creating pictures, crafts, great artworks as well.