Garner’s Pickled Onions/ガーナーズ 玉ねぎのピクルス

garners-onion-s

スーパーマーケットに行くと、いろいろなピクルスを売っています。これはガーナーズの小玉ねぎのピクルス。ちなみに小玉ねぎはエシャロットといいます。大きいラッキョのような感じで、お肉など油こい料理とよく合います。

Garner’s Pickled Onions. You can find many kinds of pickles at supermarket. These pickles are very similar to Japanese pickled chalotes. It goes well with heavy dishes like meat.

Carlsberg Citrus/カールスバーグ シトラス

carlsberg-np-s

 

carlsberg-s
カールスバーグはデンマークのビールの会社。イギリスでも、パブではもちろん、スーパーにも売られています。これはライムのフレーバーがついたもの。アルコールも2.8%と低くてジュースみたいに美味しいのでついつい飲み過ぎてしまうのでした。絵は2種類作成してみました。どちらがいいかなあ。どちらもいいなあ。笑

Carlsberg is a well known Danish beer company. You can drink it in the pubs in the UK of course and you’ll find it in supermarket as well. This bottle is citrus beer which has lower alcohol than regular one. It tastes so fruity like juice so very easy to drink. I always have to be careful not to drink too much! I printed both cheerful version and calm version. Which do you prefer?

Coleman’s Mustard/コールマンのマスタード

colemans-mustard-np-s

イギリスのマスタードは日本のカラシよりもマイルドで、その分塩味が付いています。
ホットドッグによくたっぷり乗っている、あのマスタードです。初めて食べた時、ほとんど辛くないのでちょっと拍子抜けしました。これに食べ慣れている人たちにとっては、きっと日本のカラシはものすごーく辛いでしょう。。
このマスタード、食べやすいので何にでもよく合って、フライドポテトやハンバーガー、フライドチキンなどにもよくつけて食べたりします。
製造しているのはロンドンより北東に電車で2時間ほどの街ノーウィッチにあるコールマン社。200年以上もほとんど変わらない製法でマスタードを作り続けていて、なんと美術館もあるようです。原材料もイギリス国内で生産していて、5代にわたって同じ農家の方々がされているそう。(HPより)みんな本当に家族みたいなんだろうな。
昔ながらのレトロなパッケージがすごく好きで食べながらもじっと見てしまうのでした。
わたしのイラストでは分かりにくいんですが、パッケージの真ん中に牛の絵が入っています。なんでだろう、乳製品でもないのに?今度、謎を解きに美術館に行って見たいと思います!:)

British mustard is much milder and tastes salty than Japanese one. I was a bit surprised how mild it is when I had this first. This is the one you can see on the hotdogs. I think Japanese mustard is shockingly spicy to the British people. This mild musterd goes well with any food so I often have it with chips, hamburgers, fried chickens. Coleman’s of Norwich, the company producing these mustard continues making their mustard using almost the same process for over 200 years since the beginning. They’re using locally sourced ingredients and what great is, they’re now into 5th generation of mustard growers! The farmers and the company, all of them must be like a big family. I really love the retro beautiful package so I can’t take my eyes off of the pot even whlist I’m eating. It’s difficult to see in my illustration above but there is a cow on the middle of the pot. I’m wondering why it has a cow on it because it’s not dairy product? I think I’m going to go to the museum to solve the mystery. 🙂

(Reference to the websites of Coleman’s of Norwich and Colman’s of Norwich Musterd Shop and Museum)

Let’s dance in the sun

dance-s

春らしい絵ができました。
ここ2、3日、急に春を通り越して夏のような天気です。
太陽さんさん、街にはTシャツやタンクトップの人もいます。
イギリスの春夏は寒くて暗くて雨の多い冬と違って、緑がいっせいに芽吹き、いろんなお花も咲いて、本当に華やか。
すべてのものが命を吹き込まれたように生き生きして見えます。
ああ、お日様大好き!お弁当持ってピクニックに行きたいな〜。

The weather became warm all of sudden in these few days like summer rather than spring.
The sun is shining, people are wearing T-shirts or even just no-sleeve shirts.
Spring and summer in the uk is just like a paradise after cold-grey-wet winter.
All greens are starting to bud and lots of colourful flowers are blooming. I can feel the vibrant energy of lives of the nature.
I want to go for a picnic in this lovely weather! 🙂

Tea time/お茶の時間

umafujin-teatime-s

イギリスは紅茶の国。いろんな種類の紅茶があります。ハーブティーもそれはたくさん。いつもキッチンにストックしていて、その時の気分に合わせて好きなフレーバーを選びます。なんだか少し優雅な気分になれるひとときです。

Britain is the country of “tea”. There are so many kinds of tea here in the uk. Not only black tea, but also herb tea. I always have some stock in my kitchen and choose the one I feel like to have. It’s just a little moment of a day but it makes me relax and gives me a hint of elegance.

Oatcakes/オートケーキ

oatcake-s2

版画にすると、なんともいえない深みが出るのが好きです。一度、手から離れるところが陶芸と似ている。窯出しの感動。

I love the depth of the printing artworks. It’s similar to pottery as you can’t see the finishing until you open the kiln. Unexpected beautiful effect inspires me every time.

Cider bottle/サイダーボトル

cidre-s

あんまり可愛いボトルなので刷ってみました。
外国のパッケージや印刷物ってなんでこんなに可愛いんだろ。
アルファベットで統一されているのは大きいですね。
同じ理由で中国のパッケージデザインや印刷物にも魅力を感じます。

I just created prints of the Stella Cidre bottle. I couldn’t help it because it’s too pretty!
I sometimes wonder why western package designs and printed matters are so nice. I think one of the reasons is that alphabet is the only letter used in the designs. Chinese design is also attractive for me with the same reason.

Two foxes/二匹のキツネ

running-fox-s

住んでいるところの近くにキツネが住みついていて、夜な夜な出てきては走り回って遊んでいます。
去年は1匹だったけれど、今年は2匹。お嫁さんつれてきたんだね。
キツネって鳴くんです。ギャーーーー!って子供の叫び声みたいなの。最初は何かと思ってびっくりしました。汗
とても臆病だから近づくと危ないみたいで、時々噛まれたというニュースをやっています。
野犬みたいなものなのでちょっと怖いけど、そのうち子ギツネが見れたらいいなあ。

There are two foxes living around my flat. They come out from the bush at night and running around in the garden. It was just one fox last year but I could see two of them this year which means he brought his bride this time. Have you ever heard foxes crying? I’ve never heard of it until I came to London.  I was so surprised when I heard that first time as it was just like a kids’ scream! Foxes are very easy to be scared so you shouldn’t come close to them otherwise they might attack you which actually happens and reported on the news. Anyway they are beautiful animal for me and I love to see them from my veranda so I hope I can see baby foxes sometime in the future.

Giselle/ジゼル

giselle-s

ロイヤルオペラハウスにバレエを観に行きました。プログラムはジゼル、恋に破れたジゼルが聖霊となって踊る美しくも悲しい恋のお話です。バレエなのでセリフはないのですが、美しさと悲しさに胸がきゅうとなりました。
ロンドンの大きな劇場にはリーズナブルな席も必ずあって、そういった席だと映画を観に行くように気軽にオペラやバレエ、コンサートを楽しむことができます。わたしが行った時も小学生のグループが先生に引率されて観に来ていました。小さい頃から日常的にこういったものに触れられる環境は羨ましいですね。劇場内のカフェバーやレストランも充実していてゆったりと開演前や休憩の時間を楽しめるようになっています。ドレスアップしたマダムがシャンパンを飲んでいたり、ざわざわ、わくわく。幕が開く前のこんなひとときも夢の時間の一部なんですね。

I went to Royal Opera House to see Giselle. Giselle is one of the most famous ballet programs which is so beautiful but sad love story. In the big theatres in London they’ve always got some reasonable seats in any program so you can enjoy operas or concerts like going to the cinema. There were some groups of school kids watching the ballet with their teachers when I was there too. It is great to feel arts in daily life like this. The cafes and restaurants in the theatre will also help you to get into the dreamy world easily. I saw some elegant madame wearing gorgeous dresses having glasses of champagne before the show. I love the atmosphere and that made me feel that the show has already started once you stepped into the theatre and the time like this is also a part of the dream.

Watch out for the pigeons/ハトにご用心

pigeons-s

テムズ川にかかる橋の橋げた部分がカフェになっているその名もTide Tableというカフェに行きました。
お店は可愛くって店員さんもフレンドリー♪ カフェの外には大きな木があって、木陰でテムズ川を眺めながらお茶が出来ます。チャイラテを頼みましたが、とってもクリーミーで美味しい!

ふと見ると、レジのところに張り紙が。
「Please watch out for the pigeons. We can’t replace your food.」
(鳩にお気をつけください。食べ物のお取り換えはできません)

確かに鳩がたくさん。人がいるテーブルにはさすがに来ませんでしたが、お客さんが席を立ったテーブルにすぐさま飛んできてなんと紅茶用のミルクポットに頭を突っ込んでがぶ飲みしていました。
これにはちょっとびっくり。こんなかんじでケーキやサンドイッチも取られてしまうんですね。。今度はケーキも食べてみたいので気その時はをつけようと思います。

I went to a cafe ‘Tide Table’ which is built between the girders of the bridge over the Thames. The shop is very pretty staff are all friendly. There is a huge tree just outside of the cafe so you can have coffee in the shade sitting at the table facing the Thames. I ordered Chai Latte which tastes very nice and creamy.
I just found a small paper at the cashier saying ‘Please watch out for the pigeons. We can’t replace your food’.  There were lots of pigeon indeed but I couldn’t believe they’ll steal our food. But actually they came to the table as soon as the customers left and started drinking milk for the tea left on the table putting their head into the pot! How naughty the pigeons are. They’re stealing cakes or sandwiches like this. I want to try some cakes some time so I’ll have to be careful at that time.

12912340_1095441527183495_1694240479_n