Biscuits from Orkney 2 / オークニーからのビスケット2

orkney-topping-s

またまたビスケットです。このストッカン社のビスケット(日本ではビスケットと言うとサクサクのあのビスケットのことですが、イギリスでは日本で言うところのクッキーやちょっとクラッカーぽいものとかも含めて全般ビスケットと呼んでいるようです)、甘くない全粒粉クラッカーのような感じなので、ちょっとした軽食にもぴったり。いろいろトッピングを考えてみました。
どれも捨て難いのですが、個人的なイチオシは鯖&レモン、マグロ&ピーチ、栗あんこです。ちょっと塩味があるので和菓子みたいにしても間違いなく美味しそう。

I just created a list of the toppings go well with Stockan’s oatcake. These biscuits are bit salty like crackers so it’s nice to have it for snack or brunch. Which one would you like to try?
For me it’s difficult to choose but I’ll go for mackerel & lemon, fresh tuna & peach, beans jam & marron glace. Some of these are Japanese style though I hope you’ll like it!

 

orkney-tradition-s

あと、いろいろ調べていると生息している生き物や植物、民族衣装のことなど知ることができました。あんまり可愛かったのでちょっと気になったものをスケッチしてみました。毎年8月に開かれるオークニーフェスティバルでは、女の子が子馬を模した伝統の衣装を着て、コンテストがあるそうです。これがすっごく可愛い!日本のひな祭りを彷彿とさせるきらびやかさ。地方によって違う特色が面白い。
動物は、たくさんいて描ききれていませんが、パフィンという鳥がマスコット的存在のようです。海辺にいろいろな種類の水鳥や渡り鳥が生息しています。海にはサメもいて、夏場はクジラやイルカなども見られるそう。住んでいる人たちはバイキングの末裔とか。知れば知るほどにますます興味が湧いてくるのでした。

Also I did some sketch the things caught my heart whilst I’m researching about Orkney. I found that young girls are wearing so pretty traditional costume which represents colt at the Orkney festival which held in August every year. That reminds me of some Japanese festival for children to wish their health and happiness. What is the origin of this festival? I became want to know more about this. There are lots of unique animals and plans there as well. The more I know about it, the more I find things I don’t know, and the more I want to know about it. 😀

Garner’s Pickled Onions/ガーナーズ 玉ねぎのピクルス

garners-onion-s

スーパーマーケットに行くと、いろいろなピクルスを売っています。これはガーナーズの小玉ねぎのピクルス。ちなみに小玉ねぎはエシャロットといいます。大きいラッキョのような感じで、お肉など油こい料理とよく合います。

Garner’s Pickled Onions. You can find many kinds of pickles at supermarket. These pickles are very similar to Japanese pickled chalotes. It goes well with heavy dishes like meat.

Carlsberg Citrus/カールスバーグ シトラス

carlsberg-np-s

 

carlsberg-s
カールスバーグはデンマークのビールの会社。イギリスでも、パブではもちろん、スーパーにも売られています。これはライムのフレーバーがついたもの。アルコールも2.8%と低くてジュースみたいに美味しいのでついつい飲み過ぎてしまうのでした。絵は2種類作成してみました。どちらがいいかなあ。どちらもいいなあ。笑

Carlsberg is a well known Danish beer company. You can drink it in the pubs in the UK of course and you’ll find it in supermarket as well. This bottle is citrus beer which has lower alcohol than regular one. It tastes so fruity like juice so very easy to drink. I always have to be careful not to drink too much! I printed both cheerful version and calm version. Which do you prefer?

Coleman’s Mustard/コールマンのマスタード

colemans-mustard-np-s

イギリスのマスタードは日本のカラシよりもマイルドで、その分塩味が付いています。
ホットドッグによくたっぷり乗っている、あのマスタードです。初めて食べた時、ほとんど辛くないのでちょっと拍子抜けしました。これに食べ慣れている人たちにとっては、きっと日本のカラシはものすごーく辛いでしょう。。
このマスタード、食べやすいので何にでもよく合って、フライドポテトやハンバーガー、フライドチキンなどにもよくつけて食べたりします。
製造しているのはロンドンより北東に電車で2時間ほどの街ノーウィッチにあるコールマン社。200年以上もほとんど変わらない製法でマスタードを作り続けていて、なんと美術館もあるようです。原材料もイギリス国内で生産していて、5代にわたって同じ農家の方々がされているそう。(HPより)みんな本当に家族みたいなんだろうな。
昔ながらのレトロなパッケージがすごく好きで食べながらもじっと見てしまうのでした。
わたしのイラストでは分かりにくいんですが、パッケージの真ん中に牛の絵が入っています。なんでだろう、乳製品でもないのに?今度、謎を解きに美術館に行って見たいと思います!:)

British mustard is much milder and tastes salty than Japanese one. I was a bit surprised how mild it is when I had this first. This is the one you can see on the hotdogs. I think Japanese mustard is shockingly spicy to the British people. This mild musterd goes well with any food so I often have it with chips, hamburgers, fried chickens. Coleman’s of Norwich, the company producing these mustard continues making their mustard using almost the same process for over 200 years since the beginning. They’re using locally sourced ingredients and what great is, they’re now into 5th generation of mustard growers! The farmers and the company, all of them must be like a big family. I really love the retro beautiful package so I can’t take my eyes off of the pot even whlist I’m eating. It’s difficult to see in my illustration above but there is a cow on the middle of the pot. I’m wondering why it has a cow on it because it’s not dairy product? I think I’m going to go to the museum to solve the mystery. 🙂

(Reference to the websites of Coleman’s of Norwich and Colman’s of Norwich Musterd Shop and Museum)

Han Kang, Korean restaurant /韓国料理!

han-kang-s
お友達おすすめの韓国料理を食べに行きました。Han Kang という韓国料理屋さんです。
定番の、チャプチェ、キムチ、ビビンバ、チヂミ、ナムルを食べました。どれも辛すぎず、美味し〜い!
韓国料理と日本料理はちょっと違うけれど、同じアジアのごはんはなんだかほっとします。
ロンドンはいろんな国籍の人が住んでいるので、世界中の料理が楽しめます。
どこに行こうか決める時、韓国料理屋だけでも迷うほどたくさんありました。
いろんな文化が混ざり合っていて、ごちゃまぜな感じがすごく面白い。
他の国のレストランも是非いろいろトライしてみたいです。

I went to Korean restaurant, Han Kang with my friends for dinner. We had Japchae, Kimchi, Bibim-bab, Korean pan cake, Namul which are very popular Korean menu. All were not too spicy and really nice. Korean food and Japanese food are different but I felt relaxed like I’m at home when I had this maybe as it has the same root, Asia. London is such a diverse city so you can find lots of multinational restaurants. Actually it was difficult to decide where to go this time because there were so many even just Korean restaurant. It is really interesting to live in the melting pot of culture, London. I want to try other national’s food from now on.

Oatcakes/オートケーキ

oatcake-s2

版画にすると、なんともいえない深みが出るのが好きです。一度、手から離れるところが陶芸と似ている。窯出しの感動。

I love the depth of the printing artworks. It’s similar to pottery as you can’t see the finishing until you open the kiln. Unexpected beautiful effect inspires me every time.

Stockan’s Oatcakes/ストッカンのオーツケーキ

oatcakes-s

スーパーマーケットが大好きです。有名な観光地なんかよりもずっと。
生活にとても近くて、その土地の人たちの暮らしをより近くに感じることができるから。
イギリスではいろんなクラッカーやビスケットを売っていますが、面白いものを見つけました。
オーツ麦でできたクラッカーとビスケットの間みたいなもの。英語では、「かたまり」の意味のCake/ケーキと名前がついています。とてもシンプルなパッケージで、ビニールでくるっと包んだだけ。それも興味をそそられる。食べてみると、全粒粉のかたまりでちょっと塩味。さくさくして美味しいんですが、すごく脂っこいというかずっしりきます。それもそのはず、原料を見てみると、全粒粉(76%)、植物油(パーム油、菜種油)、栄養強化小麦、、と続いています。イギリスでは、原料は多く含まれている順に表示してあるので、かなり油が使われているってことですね。カロリーは100gで501kcalとのこと。白米のご飯が100gで170kcalくらいだから、これはかなりハイカロリー!イギリスのお菓子や料理は油やバター、砂糖がたっぷり使われていて、時々びっくりします。日本食は本当にヘルシーですね。
このオーツケーキを作っているStockanという会社は100年以上もオーツケーキを専門に作り続けているそう。スコットランドのオークニー諸島の中のメインランド島にある会社です。どんなところで、どんな人たちが作っているんだろう。いつか行ってみたいなあ、、そんなことを考えながら食べるのも楽しいですね。

Cider/サイダー

stella-cidre-s

イギリスでサイダーといえば、りんごを発酵させて作ったお酒です。そのままだとあまり甘くありませんが、果物のフレーバーをつけているものもあります。これはStella Artois社のサイダーで、ラズベリー風味。他にも、洋梨やパッションフルーツ、キウイやストロベリーなどいろんな味が楽しめます。フルーツのフレーバーがついているものは甘くてジュースみたいなので、飲み過ぎには注意ですね。