Season of roses/バラの季節

englishrose s

イギリスはバラの季節です。そこかしこに色とりどりのバラが咲き乱れています。
種類も様々。わたしは花びらがこんもりギュッと詰まったような咲き方のものが可愛くてすごく好きです。この季節、広くて立派な庭のあるお家は、オープンガーデンといって数ポンドの入園料で一般に公開していたりもします。すごいなあ〜。日本と違って蚊もいないので、外の自然の中でもゆっくりと時間を楽しむことができます。散歩しているとどこからともなくお花や新緑の甘い香りが漂ってきて、なんだかおとぎ話の世界に迷い込んだような気分になるのでした。日も長くなって、夜10時くらいまでほの明るく、1年で一番いい季節ですね。

It’s a season of roses now in the UK. You can see lots of beautiful roses here and there. The air is filled with fresh sweet scents of roses and other flowers as well. There is no mosquito here unlike in Japan so you can enjoy the time in the greens outside as much as you like without being scared by insects! I sometimes feel like as if I’m in fairytale story or something when I’m taking a walk in the greens of this lovely season.  I enjoy and love this time of the year very much. 😀

Fighting with ants/蟻との戦い

gesso-s

住んでいるマンションが4階なのに、最近蟻が入って来ます。こっちの家は建てつけがザックリしているので(特にわたしの住んでいるエリアは古い家が多いこともあり)いたるところに隙間があってそこから出入りしている様子。4階まで来るくらいだから下の階も制覇してきたんだろうか。。キッチン周りに殺虫剤をまくのも嫌なので、左官工ばりにジェッソとパレットナイフで隙間を埋めています。壁の裏は繋がっているようで、ここを埋めたらまたこっちから来る、という風なので順番に隙間を埋めるべく隅々まで見ていると、どうやったらこんなに荒く仕上げられるのか不思議になってくるほど荒い。。わたしでももっと上手くできる自信ありますけど!しかしこの隙間埋め作業楽しい〜。無になれるし綺麗に仕上がった時の達成感。作業的に学生の時の陶芸を思い出します。蟻は嫌だけどちょっとした精神修行になってます。笑

I’m recently struggled by ants coming into my flat although I’m living on the third floor. Houses in the UK are strong made with bricks and stones but the way it’s built seems bit rough compare to Japanese houses (especially there are lots of old houses in my area). You can find small gaps between walls here and there which enable ants coming into the rooms. I’m wondering if they are coming up occupying each floor in order. I decided to fill the gaps as I did’t want to spray insects-killer in my kitchen. As soon as I started it I was bit surprised finding how roughly those furnitures are installed and I thought I could make it much better even I’m not professional.. Anyway I hate ants but I like to concentrate fixing walls using art materials reminds me of my school days of pottery is something like a training for meditation.

Daily tools/生活道具

brooms-s

あんまり可愛かったから、描かずにいられなかった箒たち。
日常の暮らしが大好きで、日常の道具も大好きです。
いろんな国の人たちの暮らしが見たい。台所用品とか、暮らしの道具、食べもの、いつか実際に行って、見て、感じて、描きたい。

I couldn’t help drawing those brooms when I found these because they were so pretty!
Daily life, that is the most precious thing for me. I also admire tools in our daily lives.
I am interested in the way people live in foreign countries. I want to travel around the world and meet the local people and feel the culture, then I want to draw their lives, daily tools, food, and more.. one day! 🙂

Maldon Sea Salt/モルデンの塩

malden-s

モルデンのお塩は初めてその美味しさに感動したお塩です。
このお塩、普通の粗塩とはちょっと違って、塩の結晶がそのまま入っています。雪の結晶みたいですごく綺麗。
ちょっと心苦しいけれど、その結晶をジョリジョリ潰してサラダにかけたりします。
このお塩、不思議なくらいまろやかで優しい味です。ちょっと入れすぎたかなと思っても、決して舌を突くような嫌な辛さになることがない(でも入れすぎには気をつけてください!)。以前に料理上手な知り合いの方に差し上げた時、「このお塩でお酒が飲めるね」と言われたほど。燻製にしたお塩もあるそうです。どんなのだろう。これまたスモーク風味がついて美味しそう。今度買ってみよう。
モルデンは家族経営で1882年の創業当初から変わらない、シンプルだけどだからこそ技術が必要な製法でお塩を作り続けているそうです。いいな、と思うものを作られている会社や人は、家族や人とのつながりを大切にしていて、大事な部分がブレないところが多い気がする。食べ物に限らず、絵や工芸品など、いいものを作る人たちに共通しているところですね。

Sea salt from Maldon is the first salt for me that I was impressed by the taste. What this salt differ from other ones is the shape of the salt is crystallized flakes. It’s so beautiful like snow flakes but sadly I have to crush it when I use it for meals like salad though. Maldon’s salt is magically mild and gentle flavour and it’s never be stingy salty like the other salt does (but be careful not to use it too much!). When I gave this to my cooking-expert-friend as a souvenir she even said “This salt can be nibbles goes well with sake”. I’m also interested in their smoked salt. I must try it!
Maldon is a family company producing these salt keeping simple but artisan way since it’s established in 1882. I just noticed that the companies and people which have been creating “genuine” things like this value a relationship with their family and people around them, holding unwavering conviction. I thought it can be said on the people who are creating pictures, crafts, great artworks as well.

Garner’s Pickled Onions/ガーナーズ 玉ねぎのピクルス

garners-onion-s

スーパーマーケットに行くと、いろいろなピクルスを売っています。これはガーナーズの小玉ねぎのピクルス。ちなみに小玉ねぎはエシャロットといいます。大きいラッキョのような感じで、お肉など油こい料理とよく合います。

Garner’s Pickled Onions. You can find many kinds of pickles at supermarket. These pickles are very similar to Japanese pickled chalotes. It goes well with heavy dishes like meat.

Carlsberg Citrus/カールスバーグ シトラス

carlsberg-np-s

 

carlsberg-s
カールスバーグはデンマークのビールの会社。イギリスでも、パブではもちろん、スーパーにも売られています。これはライムのフレーバーがついたもの。アルコールも2.8%と低くてジュースみたいに美味しいのでついつい飲み過ぎてしまうのでした。絵は2種類作成してみました。どちらがいいかなあ。どちらもいいなあ。笑

Carlsberg is a well known Danish beer company. You can drink it in the pubs in the UK of course and you’ll find it in supermarket as well. This bottle is citrus beer which has lower alcohol than regular one. It tastes so fruity like juice so very easy to drink. I always have to be careful not to drink too much! I printed both cheerful version and calm version. Which do you prefer?

Coleman’s Mustard/コールマンのマスタード

colemans-mustard-np-s

イギリスのマスタードは日本のカラシよりもマイルドで、その分塩味が付いています。
ホットドッグによくたっぷり乗っている、あのマスタードです。初めて食べた時、ほとんど辛くないのでちょっと拍子抜けしました。これに食べ慣れている人たちにとっては、きっと日本のカラシはものすごーく辛いでしょう。。
このマスタード、食べやすいので何にでもよく合って、フライドポテトやハンバーガー、フライドチキンなどにもよくつけて食べたりします。
製造しているのはロンドンより北東に電車で2時間ほどの街ノーウィッチにあるコールマン社。200年以上もほとんど変わらない製法でマスタードを作り続けていて、なんと美術館もあるようです。原材料もイギリス国内で生産していて、5代にわたって同じ農家の方々がされているそう。(HPより)みんな本当に家族みたいなんだろうな。
昔ながらのレトロなパッケージがすごく好きで食べながらもじっと見てしまうのでした。
わたしのイラストでは分かりにくいんですが、パッケージの真ん中に牛の絵が入っています。なんでだろう、乳製品でもないのに?今度、謎を解きに美術館に行って見たいと思います!:)

British mustard is much milder and tastes salty than Japanese one. I was a bit surprised how mild it is when I had this first. This is the one you can see on the hotdogs. I think Japanese mustard is shockingly spicy to the British people. This mild musterd goes well with any food so I often have it with chips, hamburgers, fried chickens. Coleman’s of Norwich, the company producing these mustard continues making their mustard using almost the same process for over 200 years since the beginning. They’re using locally sourced ingredients and what great is, they’re now into 5th generation of mustard growers! The farmers and the company, all of them must be like a big family. I really love the retro beautiful package so I can’t take my eyes off of the pot even whlist I’m eating. It’s difficult to see in my illustration above but there is a cow on the middle of the pot. I’m wondering why it has a cow on it because it’s not dairy product? I think I’m going to go to the museum to solve the mystery. 🙂

(Reference to the websites of Coleman’s of Norwich and Colman’s of Norwich Musterd Shop and Museum)

Let’s dance in the sun

dance-s

春らしい絵ができました。
ここ2、3日、急に春を通り越して夏のような天気です。
太陽さんさん、街にはTシャツやタンクトップの人もいます。
イギリスの春夏は寒くて暗くて雨の多い冬と違って、緑がいっせいに芽吹き、いろんなお花も咲いて、本当に華やか。
すべてのものが命を吹き込まれたように生き生きして見えます。
ああ、お日様大好き!お弁当持ってピクニックに行きたいな〜。

The weather became warm all of sudden in these few days like summer rather than spring.
The sun is shining, people are wearing T-shirts or even just no-sleeve shirts.
Spring and summer in the uk is just like a paradise after cold-grey-wet winter.
All greens are starting to bud and lots of colourful flowers are blooming. I can feel the vibrant energy of lives of the nature.
I want to go for a picnic in this lovely weather! 🙂

Han Kang, Korean restaurant /韓国料理!

han-kang-s
お友達おすすめの韓国料理を食べに行きました。Han Kang という韓国料理屋さんです。
定番の、チャプチェ、キムチ、ビビンバ、チヂミ、ナムルを食べました。どれも辛すぎず、美味し〜い!
韓国料理と日本料理はちょっと違うけれど、同じアジアのごはんはなんだかほっとします。
ロンドンはいろんな国籍の人が住んでいるので、世界中の料理が楽しめます。
どこに行こうか決める時、韓国料理屋だけでも迷うほどたくさんありました。
いろんな文化が混ざり合っていて、ごちゃまぜな感じがすごく面白い。
他の国のレストランも是非いろいろトライしてみたいです。

I went to Korean restaurant, Han Kang with my friends for dinner. We had Japchae, Kimchi, Bibim-bab, Korean pan cake, Namul which are very popular Korean menu. All were not too spicy and really nice. Korean food and Japanese food are different but I felt relaxed like I’m at home when I had this maybe as it has the same root, Asia. London is such a diverse city so you can find lots of multinational restaurants. Actually it was difficult to decide where to go this time because there were so many even just Korean restaurant. It is really interesting to live in the melting pot of culture, London. I want to try other national’s food from now on.