Season of roses/バラの季節

englishrose s

イギリスはバラの季節です。そこかしこに色とりどりのバラが咲き乱れています。
種類も様々。わたしは花びらがこんもりギュッと詰まったような咲き方のものが可愛くてすごく好きです。この季節、広くて立派な庭のあるお家は、オープンガーデンといって数ポンドの入園料で一般に公開していたりもします。すごいなあ〜。日本と違って蚊もいないので、外の自然の中でもゆっくりと時間を楽しむことができます。散歩しているとどこからともなくお花や新緑の甘い香りが漂ってきて、なんだかおとぎ話の世界に迷い込んだような気分になるのでした。日も長くなって、夜10時くらいまでほの明るく、1年で一番いい季節ですね。

It’s a season of roses now in the UK. You can see lots of beautiful roses here and there. The air is filled with fresh sweet scents of roses and other flowers as well. There is no mosquito here unlike in Japan so you can enjoy the time in the greens outside as much as you like without being scared by insects! I sometimes feel like as if I’m in fairytale story or something when I’m taking a walk in the greens of this lovely season.  I enjoy and love this time of the year very much. 😀

Biscuits from Orkney 2 / オークニーからのビスケット2

orkney-topping-s

またまたビスケットです。このストッカン社のビスケット(日本ではビスケットと言うとサクサクのあのビスケットのことですが、イギリスでは日本で言うところのクッキーやちょっとクラッカーぽいものとかも含めて全般ビスケットと呼んでいるようです)、甘くない全粒粉クラッカーのような感じなので、ちょっとした軽食にもぴったり。いろいろトッピングを考えてみました。
どれも捨て難いのですが、個人的なイチオシは鯖&レモン、マグロ&ピーチ、栗あんこです。ちょっと塩味があるので和菓子みたいにしても間違いなく美味しそう。

I just created a list of the toppings go well with Stockan’s oatcake. These biscuits are bit salty like crackers so it’s nice to have it for snack or brunch. Which one would you like to try?
For me it’s difficult to choose but I’ll go for mackerel & lemon, fresh tuna & peach, beans jam & marron glace. Some of these are Japanese style though I hope you’ll like it!

 

orkney-tradition-s

あと、いろいろ調べていると生息している生き物や植物、民族衣装のことなど知ることができました。あんまり可愛かったのでちょっと気になったものをスケッチしてみました。毎年8月に開かれるオークニーフェスティバルでは、女の子が子馬を模した伝統の衣装を着て、コンテストがあるそうです。これがすっごく可愛い!日本のひな祭りを彷彿とさせるきらびやかさ。地方によって違う特色が面白い。
動物は、たくさんいて描ききれていませんが、パフィンという鳥がマスコット的存在のようです。海辺にいろいろな種類の水鳥や渡り鳥が生息しています。海にはサメもいて、夏場はクジラやイルカなども見られるそう。住んでいる人たちはバイキングの末裔とか。知れば知るほどにますます興味が湧いてくるのでした。

Also I did some sketch the things caught my heart whilst I’m researching about Orkney. I found that young girls are wearing so pretty traditional costume which represents colt at the Orkney festival which held in August every year. That reminds me of some Japanese festival for children to wish their health and happiness. What is the origin of this festival? I became want to know more about this. There are lots of unique animals and plans there as well. The more I know about it, the more I find things I don’t know, and the more I want to know about it. 😀

Biscuits from Orkney / オークニーからのビスケット

oakney-s

先日描いたストッカン社のビスケット。製造しているストッカン社の方が、たまたまわたしの絵を見て気に入ってくださったらしく、なんとビスケットを保管する専用の缶(もちろんビスケット入り!)を送ってきてくださいました!
この缶、市販もされていて、缶の側面にはストッカン社のあるオークニー諸島のマスコット的な鳥、パフィンと、チーズやトマトの写真が載っています。それから古いペンのような書体で、ビスケットによく合うチーズやスモークサーモンなど食材の名前が模様のように美しく書いてありました。
ストッカン社があるのはスコットランドの北東に位置するオークニー諸島。そこで製造したビスケットがイギリス全土、世界へ送られています。いろんな国の文化、どんなところで、どんな人たちが、どんな暮らしをしているのか、すごく興味があって、最初にこのビスケットからオークニー諸島のことを知った時、どんなところなんだろう?と思って少し調べていたのです。イギリスにも離島があって、そこにも歴史があって、その土地に伝わる文化があって、人々が毎日生活を営んでいる。そこに住んでいる人が、たまたまわたしの絵を見て、遠く日本から来てロンドンに住んでいるわたしあてにビスケットを送ってくださって、、なんだかとても感慨深い気持ちになりました。偶然とはいえ、不思議なご縁を感じました。お互いに、一生、少しも触れ合うこともなかったかもしれない、絶対に知る由もなかったかもしれない、のに。最初にストッカン社から「缶を送りたいのですが」とメールをいただいて、数日後に届いた缶には一緒に「As promised.」約束の通りに(送るわね)、と小さなメモが添えてありました。なんだか、古い友達から手紙をもらったような気持ちになりました。もしかしたら、人生に起こるすべてのことは最初から約束どおりに決まっていて、わたしたちは、その約束をなぞっていっているだけなのかもしれないなあと、ふと思いました。
いつか実際に行って、自分の目で見てみたいです。

Stockan’s oat cakes, I wrote about the other day, the oat biscuit company Stockan’s saw my illustration by chance and kindly sent me a pretty tin to keep the biscuits (with biscuits inside of course)! This tin which can be found in supermarkets as well has some beautiful photos on it like puffin, a bird represents Orkney islands, some kinds of cheese and tomatos go well with the biscuits. Also some toppings written in beautiful classical hand writing style font like cheddar cheese, smoked salmon which are good when served on the biscuits are on it as decoration.
The Stockan’s is located on an island in Orkney, north west off shore from Scotland. Their traditional biscuits are sent to all over the UK and the world from there. I am so interested to know foreign culture and local people’s life so I did some research when I knew about Orkney through this biscuits first time. It was interesting to know islands like Orkney and their culture and their life there even if it’s limited information from internet. Those islands remind me of my home town as Japan consists of lots of small island and each island has own unique custom too. That made me want to visit there one day. I felt this is something like a fate when I thought I wouldn’t know about Orkney if I didn’t find these biscuits first, but now I knew about it and I even received a tin from people who live there.  All our lives might be already set as promise and we might be tracing it unconsciously.
Thank you very much, Moira! 🙂

Blueberry cheesecake/ブルーベリーチーズケーキ

blueberrycheesecake-s

イギリスのお菓子はお砂糖とバターがたっぷり。見た目はカラフルだったり、とっても可愛いのですが、甘すぎて実はちょっと苦手です。チョコレートは舌が痛いくらいに甘くて、さらに中に甘ーいキャラメルが入っていたり。ケーキはジャムがたっぷり塗られたパウンドケーキをさらに分厚いアイシングでコーティング、その上にお砂糖がジョリジョリ入ったバタークリームがどすんと乗っている、などなど。。日本の羊羹や大福など、和菓子がすごくヘルシーに感じてしまうのでした。その中でもチーズケーキは他のお菓子に比べると甘さ控えめで日本人の味覚に食べやすい味です。それでもどれもNYチーズケーキのように濃厚ではあるのですが、チーズケーキは大好きなので美味しく食べられて嬉しい♪
食べものは、食べるのも、描くのも大好きです。おいしいものは人を幸せにしますね。

Sweets in Britain are basically made using a huge amount of sugar and butter compare to Japanese sweets. They are really colourful and so cute but unfortunately it’s a bit too sweet & heavy to eat for me except for cheesecakes. Cheesecakes are less sweeter than others even though every cheesecake is still very rich like NY cheesecake it’s my favourite so I’m enjoying it.
I love to draw food, and of course I love to eat as well.
Delicious food always makes people so happy. 🙂

Maldon Sea Salt/モルデンの塩

malden-s

モルデンのお塩は初めてその美味しさに感動したお塩です。
このお塩、普通の粗塩とはちょっと違って、塩の結晶がそのまま入っています。雪の結晶みたいですごく綺麗。
ちょっと心苦しいけれど、その結晶をジョリジョリ潰してサラダにかけたりします。
このお塩、不思議なくらいまろやかで優しい味です。ちょっと入れすぎたかなと思っても、決して舌を突くような嫌な辛さになることがない(でも入れすぎには気をつけてください!)。以前に料理上手な知り合いの方に差し上げた時、「このお塩でお酒が飲めるね」と言われたほど。燻製にしたお塩もあるそうです。どんなのだろう。これまたスモーク風味がついて美味しそう。今度買ってみよう。
モルデンは家族経営で1882年の創業当初から変わらない、シンプルだけどだからこそ技術が必要な製法でお塩を作り続けているそうです。いいな、と思うものを作られている会社や人は、家族や人とのつながりを大切にしていて、大事な部分がブレないところが多い気がする。食べ物に限らず、絵や工芸品など、いいものを作る人たちに共通しているところですね。

Sea salt from Maldon is the first salt for me that I was impressed by the taste. What this salt differ from other ones is the shape of the salt is crystallized flakes. It’s so beautiful like snow flakes but sadly I have to crush it when I use it for meals like salad though. Maldon’s salt is magically mild and gentle flavour and it’s never be stingy salty like the other salt does (but be careful not to use it too much!). When I gave this to my cooking-expert-friend as a souvenir she even said “This salt can be nibbles goes well with sake”. I’m also interested in their smoked salt. I must try it!
Maldon is a family company producing these salt keeping simple but artisan way since it’s established in 1882. I just noticed that the companies and people which have been creating “genuine” things like this value a relationship with their family and people around them, holding unwavering conviction. I thought it can be said on the people who are creating pictures, crafts, great artworks as well.

Garner’s Pickled Onions/ガーナーズ 玉ねぎのピクルス

garners-onion-s

スーパーマーケットに行くと、いろいろなピクルスを売っています。これはガーナーズの小玉ねぎのピクルス。ちなみに小玉ねぎはエシャロットといいます。大きいラッキョのような感じで、お肉など油こい料理とよく合います。

Garner’s Pickled Onions. You can find many kinds of pickles at supermarket. These pickles are very similar to Japanese pickled chalotes. It goes well with heavy dishes like meat.

Cafe Concerto/カフェ コンチェルト

concert-s
カフェ・コンチェルトはロンドンの大きな通りにあるヨーロッパ風のカフェです。
支店が幾つかあり、内装がいかにもヨーロッパ!という雰囲気ですごく素敵なので見かけるたびにいつも気になっていたのでした。
きらびやかな店内はぐっと抑えた照明にシャンデリア、テーブルの上には一輪挿しにバラ。何より、ショーウィンドウに並べてあるケーキがどれも宝石みたいに綺麗!(そして大きい!)。チョコレートやクリームがたっぷりの生地の上には色とりどりの果物やベリーがいっぱいで見とれてしまうほどなのです。一緒に行ったお友達はストロベリーガトー、ミルフィーユ、わたしは悩んだ末にストロベリーチーズケーキにしました。甘さ控えめのイチゴのムースがたっぷりですごく美味しかったです。
一緒に頼んだアールグレイティーは、紅茶のティーバッグと銀のポットが運ばれてきて自分でお湯を注ぎます。ティーバッグはパッケージが変わっていて背高のピラミッドみたいなのが専用の陶器の小皿に乗っていました。パッケージを開けると内側は金色で香りもすごーくいい香り。紅茶に詳しいお友達が教えてくれたんですが、この紅茶、Tea Fortés(ティーフォルテ)という有名なメーカーのものだそう。ティーバッグには小さな葉っぱもついていて可愛い。お土産や贈り物に選びたくなりますね。
イギリスは日本のように生クリームを使ったケーキがあまりないんですが(パウンドケーキやカップケーキのようなものが多い)コンチェルトは日本のケーキに近いものでした。イギリスにしては珍しくアイスティーもあるそうです(イギリスではアイスティーは一般的でない)。立地といい、観光客がターゲットのようですね(まんまと心を掴まれた 笑)。パスタなどもあるので、今度はお食事でも来てみたいです。

Café Concerto is European style cafe which are located on the main streets in central London. There are some branches and I could see the shops often so I wanted to try if I have the chance every time I walk passed by. The interior inside the cafe is very European style, Victorian decorative wall papers, muted lighting with gorgeous chandeliers, a rose in a bud vase on every single table. And what my caught  my heart the most is the jewel-like-beautiful cakes in the show case which sizes are also huge. It was hard to choose just one but finally my friends ordered strawberry gateaux, Mille Feuille and I had strawberry cheese cake which we enjoyed so much. The tea came with those cakes was from Tea Fortés. The tea bag was wrapped in a pretty pyramid shaped box and it was just like a treasure box with  the smell of the tea came out when it’s opened.
Fresh cakes are not so popular in the UK unlike in Japan (pound cakes or cup cakes are more popular here) but they’ve got lots of fresh cakes in this cafe, also they have iced tea which is uncommon here. So it seems they’re tourist-friendly cafe, and I might have tourist’s point of view still. It’s okay as I’m interested and I could enjoy it though! They’re serving meals too so I want to try it for lunch sometime. 🙂

Carlsberg Citrus/カールスバーグ シトラス

carlsberg-np-s

 

carlsberg-s
カールスバーグはデンマークのビールの会社。イギリスでも、パブではもちろん、スーパーにも売られています。これはライムのフレーバーがついたもの。アルコールも2.8%と低くてジュースみたいに美味しいのでついつい飲み過ぎてしまうのでした。絵は2種類作成してみました。どちらがいいかなあ。どちらもいいなあ。笑

Carlsberg is a well known Danish beer company. You can drink it in the pubs in the UK of course and you’ll find it in supermarket as well. This bottle is citrus beer which has lower alcohol than regular one. It tastes so fruity like juice so very easy to drink. I always have to be careful not to drink too much! I printed both cheerful version and calm version. Which do you prefer?

Coleman’s Mustard/コールマンのマスタード

colemans-mustard-np-s

イギリスのマスタードは日本のカラシよりもマイルドで、その分塩味が付いています。
ホットドッグによくたっぷり乗っている、あのマスタードです。初めて食べた時、ほとんど辛くないのでちょっと拍子抜けしました。これに食べ慣れている人たちにとっては、きっと日本のカラシはものすごーく辛いでしょう。。
このマスタード、食べやすいので何にでもよく合って、フライドポテトやハンバーガー、フライドチキンなどにもよくつけて食べたりします。
製造しているのはロンドンより北東に電車で2時間ほどの街ノーウィッチにあるコールマン社。200年以上もほとんど変わらない製法でマスタードを作り続けていて、なんと美術館もあるようです。原材料もイギリス国内で生産していて、5代にわたって同じ農家の方々がされているそう。(HPより)みんな本当に家族みたいなんだろうな。
昔ながらのレトロなパッケージがすごく好きで食べながらもじっと見てしまうのでした。
わたしのイラストでは分かりにくいんですが、パッケージの真ん中に牛の絵が入っています。なんでだろう、乳製品でもないのに?今度、謎を解きに美術館に行って見たいと思います!:)

British mustard is much milder and tastes salty than Japanese one. I was a bit surprised how mild it is when I had this first. This is the one you can see on the hotdogs. I think Japanese mustard is shockingly spicy to the British people. This mild musterd goes well with any food so I often have it with chips, hamburgers, fried chickens. Coleman’s of Norwich, the company producing these mustard continues making their mustard using almost the same process for over 200 years since the beginning. They’re using locally sourced ingredients and what great is, they’re now into 5th generation of mustard growers! The farmers and the company, all of them must be like a big family. I really love the retro beautiful package so I can’t take my eyes off of the pot even whlist I’m eating. It’s difficult to see in my illustration above but there is a cow on the middle of the pot. I’m wondering why it has a cow on it because it’s not dairy product? I think I’m going to go to the museum to solve the mystery. 🙂

(Reference to the websites of Coleman’s of Norwich and Colman’s of Norwich Musterd Shop and Museum)